• ホーム
  • 三菱地所レジデンスのパークハウスの特徴

三菱地所レジデンスのパークハウスの特徴

受付スタッフと話す女性

三菱地所レジデンスのパークハウスは、これまで高価格帯のマンションの供給をし続けてきたノウハウを活かし同社の最高峰ブランドの中でもさらに都心の立地を選び抜いたほか、仕様や素材、サービスなど最高水準のステータスを目指したフラッグシップシリーズで「100年後も暮らし継がれる住まいの理想型」がコンセプトのマンションです。

三菱地所レジデンスのパークハウスは安全性、快適性、機能性、メンテナンス性など入居後に変更が不可能な基本性能にこだわり、優れた実績と経験を持つデベロッパーによりゆとりを持った空間や最高水準の設備、サービスの動線に配慮して最上級の住まいの提供を行っています。

パークハウスシリーズの主な4棟は千鳥ヶ淵、南青山、番町、麻布仙台坂周辺に立地しており、都心の伝統が残されつつも華やかさも同居している希少価値の高い立地環境を選定しているだけではなく、そのような土地に新たに建設されるマンションがその地に相応しい佇まいとするため外観にもこだわっているのも大きなコンセプトです。

一例をあげるとザ・パークハウス・グラン南青山では、青山の景観に馴染む邸宅を目指してバルコニーや廊下に列柱を設置して建物としての美しさを創出し、外壁のマリオンなど太陽の動きによってさまざまな表情を見せてくれる意匠を施しているものもあるのに加えて、外壁の天然石には風雨による劣化を抑える防汚処理を施すことでメンテナンス性にも優れています。

エントランスホールやラウンジなどの共用部分は間口を広く取ることでテラスや中庭との繋がりを感じられる開放的な空間を意識し、マンションでありながらも私邸の落ち着きを求めています。
ザ・パークハウス・グラン麻布仙台坂ではラウンジには暖炉を備えてラグジュアリー感を創出し、ザ・パークハウス・グラン南青山のエントランスホールには天然石の床やアートが広がるオーセンティックな空間が特徴です。

居住者のニーズに応えた共用施設では、トランクルームやゴミ置き場まで持ち運ぶ不便さを改称するための各階に設置されたゴミステーション、待ち時間が少ないセンターオープン扉のエレベーターをはじめ、ザ・パークハウス・グラン南青山ではミーティングルームも備えており、ビジネスの来客を自宅まで招かずに商談などが可能です。
三菱地所レジデンスの最高峰ブランドのパークハウスシリーズはデベロッパーとの一貫体制により、その価格帯に見合うだけの利便性からステータスまであらゆる面で質の高い住まいの提供を行っています。