• ホーム
  • 意外と知らないマンションと一戸建ての一長一短

意外と知らないマンションと一戸建ての一長一短

マンションと一戸建てにはそれぞれ一長一短があり、生活の中心となる大切な住まいだからこそ選ぶ際には長所と短所をしっかりと比較検討したいところです。
マンションと一戸建ての最も大きく異なる点は価格と資産の問題で、どちらがお得になるのかはライフスタイルなどにより基準が変わってきます。

マンションは購入者に原則として土地が資産として与えられない分だけ安価に購入できますが、一戸建ては高額になる傾向にある一方で土地が資産となります。
維持費の面では管理費や修繕費の積立金を納める必要がありますが、何らかのトラブルが発生した際にも積立金の範囲であれば修理や修繕をしてもらうことが可能です。
一戸建ての場合は一切の管理費や修繕費の積立金は必要ありませんが、全ての管理、修繕や修理の発注なども自身で行わなければなりません。

自動車のお持ちの方にとって大きな課題となるのが駐車場の問題ですが、賃貸マンションの場合は家賃に利用料が上乗せされていたり別料金で支払う必要があるほか、駐車場が無い物件であれば別途探す必要があります。
一戸建ての場合は自身で所有している土地であれば自由に駐車場に設定でき、料金も一切かかりません。

税金はその物件の立地している地域や資産価値により大きく異なりますが、相対的にはマンションの方が高くなる傾向にあります。
その理由はマンションは土地が少ないわりに建物の評価額が高いことから固定資産税が高くなる一方で、一戸建ては土地が広い割りに建物の評価額が低いことから固定資産税が安くなりますが、あくまでもこれは傾向であり地域差があることに注意が必要です。

両者を選ぶ際の基準となる長所と短所の比較で、決定的なのが自由度の違いです。
例えば内装をリフォームしたいと考えても一戸建てならば自由にできますが、マンションの場合はオーナーからの許可を得なければならないだけではなく、大半のケースでは断られてしまいます。
また、昨今プライベートやビジネスにも必須となっているインターネット回線も一戸建てならば好きな事業者を選んで工事が行えますが、マンションでは既に敷設されている回線しか利用できないケースがほとんどです。

衛星放送を楽しむためにベランダにパラボラアンテナを設置する際も、一部のマンションでは景観を損ねるとして設置が禁止されている例もあります。
いずれのケースにおいても正に一長一短があるため、ライフスタイルや将来のプランに合わせて比較検討したいところです。